ファイナルファンタジーXHDリマスター!ティーダが伝えるキャラクター紹介

主人公ティーダ ※FF10登場

てぃーだ

FF10の主人公。17歳。

 

夢のザナルカンドのブリッツチーム「ザナルカンドエイブス」のエースだった。

 

 

ザナルカンドが急にシンに襲われたときに、シンの飲み込まれてしまい

 

ユウナ達がいるスピラにワープしてしまう。

 

 

そこで、ユウナやワッカと出会い、シンを倒すための旅に出ることに。

 

厳しい状況になっても性格は明るく、語尾が「〜っス」と付くのが口癖。

 

 

ブリッツの選手だったため、運動能力は高く、ブリッツボールを使った必殺技が使える。


ユウナ ※FF10/10-2に登場

ユウナ

召喚士ブラスカの娘でFF10のヒロイン。17歳。

 

父ブラスカが作ったナギ節のときに、キマリに連れられて
ビサイド島に移住してきた。

 

和服をイメージさせる衣装を着ていて、性格も非常にまじめ。

 

ビサイド島で出会ったティーダ、ワッカたちと一緒に、命を落とす覚悟で
シンを倒す旅に出る。


ワッカ ※FF10に登場

FF10わっか

召喚士ユウナのガード。23歳。

 

23歳という設定だが23歳に見えないが
性格は熱くてお人よしの熱血漢。

 

 

ビサイド島を代表するブリッツボールチームである
ビサイド・オーラカのキャプテン兼コーチ。

 

ユウナのガードとして、シンを倒す旅に出るため、ティーダが加入した
大会を最後に選手を引退した。

 

 


ルールー ※FF10に登場

FF10ルールー

ビサイド島出身でワッカと幼馴染の黒魔道士。22歳。

 

ワッカの弟チャップと付き合っていた死んでしまった。

 

 

冷静で冷たい印象があるがユウナを妹のように可愛がっており、
シンを倒すための旅もガードとしても同行する。

 

過去に2回他の召喚士のガードとなっているが、いずれも失敗している。

 

シンを倒した後、ワッカと結婚。


キマリ・ロンゾ ※FF10に登場

FF10キマリ

ロンゾ族の青年。年齢25歳。

 

前回のナギ節の時にアーロンに頼まれ、ユウナをビサイド島に連れてきた。

 

無口で頑固な性格だが、真面目な誠実な性格をしている。

 

ユウナのガードの中では一番身長も高く、体格も大きいが
ロンゾ族の中では小柄な方に入る体格。

 

ユウナが作った永遠のナギ節の後、ロンゾ族の長になる。


アーロン ※FF10に登場

FF10アーロン

ユウナの父ブラスカのガード。35歳。
ティーダの父、ジェクトとともシンを倒す旅をした。

 

厳しく冷静な性格。

 

ブラスカの究極召喚後に、ユウナレスカに負け瀕死の重傷を負い、なんとか
ロンゾ族の村までたどり着き、キマリにユウナを託すが、そこで死んでしまう。

 

死人となっても、ジェクトからの頼みで、ティーダをわざわざ夢のザナルカンド
までに行って見守っている。


リュック ※FF10に登場

リュック

アルベド族の族長シドの娘。アニキの妹で15歳。
ユウナの親戚でもある。

 

活発で明るい性格。

 

機械が得意なアルベド族の少女で、戦闘も機械を使ったものが多く
ユウナとともにシンを倒す旅に出る。

 

FFX-2でもメインキャラクターとしてユウナと旅に出る。


大召喚士ブラスカ ※FF10に登場

ブラスカ

ユウナの父で10年前にシンを倒した大召喚士。

 

穏やかでやさしい。

 

 

アーロンをガードとして旅をしていたが、漂流していたジェクトも仲間に加えて
シンを倒すことになる。

 

究極召喚でジェクトを祈り子にして、シンを倒す。


ジェクト ※FF10に登場

ティーダの父でブリッツボールの名選手。

 

言葉使いは乱暴で愛情表現も下手だったが、ティーダのことを常に気にしている。

 

 

ブラスカの究極召喚の祈り子となったため、今作FF10に出てくるシンは

 

ジェクトが召喚獣化した姿である。


 
トップページ HDリマスター追加要素解説 量販店と価格比較 激安価格情報 FF10-2のその後 最新予約情報